初冬のアルプス
2015.12.26 島田和昭

初冬のアルプス

初冬のアルプス

11月下旬の北アルプスは時として厳冬期のような気象条件になることもある。私たちは初冬のアルプスを立山室堂で味わうことになった。


猛吹雪(気温-10°風速15m)の中テントを維持する


テントは2時間に1度掘り起こさないと埋まってしまう吹雪

視界50mの中ホワイトアウトナビゲーションを頼りに、浄土山から龍王岳へと雪崩地形を避けて雪稜へ。風速10mもあれば露出した肌はすぐに凍傷になる。アイスラインJKTに守られながらラッセルで高度を稼ぐ。


岩稜では慎重なアイゼン・ピッケルワークが必要だ。


ラッセルではミトングローブが活躍する。

室堂に下山後、嬉しい事にガスが晴れ上がり素晴らしい初冬のアルプスの山が現れた。4日間の苦労が忘れられる瞬間ですね


初冬の立山 こういう瞬間あってこそ楽しいのが冬山だ。

●今回の旅の装備品

OR アイスラインジャケットバルティック/タイフーン ¥35,000 OR アイスラインパンツ ブラック ¥32,000 OR キャソードフーデットジャケット レモングラス/リーフ ¥24,000
   
OR グローブ ベーカーシェルミット ブラック ¥15,000    
レポーター紹介
島田和昭
島田和昭

日本山岳ガイド協会登攀ガイド
国立登山研 修所講師でもあり「登攀・縦走・岩稜・沢登り・雪稜・雪山・救助等」のオーダーメイドガイド歴17 年。年間 200 日程、内容の濃い少人数制で活動している。

島田ガイド事務所
http://www7a.biglobe.ne.jp/~naturalstyle/