Ryuta Asahi

旭立太

旭立太

あさひ りゅうた
代表/山岳ガイド
RhythmWorks | リズムワークス(旭ガイド事務所)

スノーボードバックカントリーの世界に魅了され、ガイド業の道へ。冬期は岐阜をベースにバックカントリーガイドを営む傍ら スプリットボードで各地のフィールドを開拓しながら、自身のライディングを追求中。 年中、スノーボードの事を考えていたが、A&Fとの出会いから、季節にあわせた遊びを知ってしまい、 山、川、海と遊びのフィールドが拡大し、トレッキングや、リバーガイドとしても活躍中。 実はのんびりキャンプやバックパッキングの旅も好き。外にいるとスイッチON、家にいるとスイッチをOFFにして、四季のリズムに合わせて自然と触れ合うライフスタイルを過ごしている。

プロフィール

1977年岐阜県生まれ
飛騨山岳ガイド協会所属
好日山荘契約ガイド
2013年6月 - 北米最高峰デナリ/マッキンリー (6,168m) に遠征し、山頂よりスプリットボードで滑走。

資格

公益社団法人日本山岳ガイド協会 山岳ガイドステージⅠ
スキーガイドステージII
日本雪崩ネットワークアクティブメンバー
雪崩業務従事者レベル1
Wilderness First Aid (50時間の野外救急法)
環境省自然公園指導員

サポートブランド

DARN TOUGH ibex OUTDOOR RESEARCH
VOLTAGE design
DEELUXE
UNION BINDING

使用製品

OutdoorResearch使用モデル:
アストロマンS/Sシャツ
使用場所:
穂高、立山周辺の山から標高300mの低山、街での机上講習までガイド時に幅広く使用。
動きを妨げないストレッチ、絶妙な生地の厚みは着用しているのを忘れさせる程の快適さ。Tシャツと違い、少しおしゃれな気持ちにさせてくれるし、昨夏からの自分のマストアイテムです。

デビエイターフーディー
使用場所:
6月の八ヶ岳、南アルプスで使用。街中での移動時、寒い朝に羽織ったりと。
正直、着用してみるまで自分にはいらない物だと思っていた、フリースでいいじゃないかと。しかし・・・着てみたら意外、まずフィット感がたまらなくいい。化繊ダウンの部分も程よい厚みで厚くも寒くもない快適温度、登りでの使用にもそんなに蒸れず透湿性の良さを実感した。これは時間をかけて色々なシチュエーションでテストしてみたいギアだ。

ゾディアックパンツ
使用場所:
普段使いからボルダリングやシングルピッチのクライミング。
軽量でシルエットもよく、普段使いにも使用出来る。むしろ街での使用が多く、履きやすく程よく薄い素材は蒸し暑い日にも快適。自分には丈が短い為くるぶしでロールアップして使用。耐摩耗製、若干ストレッチがあるのでクライミングには◎

今後のスケジュール

  • 2016.11.09

    A&Fカントリー本店でA&Fサポートの山岳ガイド、旭立太氏のトークショーを開催致します。

    11月9日(水)にA&Fカントリー本店(東新宿)でA&Fサポートの山岳ガイド、旭立太氏のトークショーを開催致します。
    日本屈指の霊山・白山の北東に位置する白川郷。そのバックカントリーエリアの先駆者であるライダーの旭立太、鈴村新とカメラマンの廣田勇介が紹介します。Fall Line Vol.1で紹介された白川郷の記事の裏側も存分に語ってもらいます。会場では、ドリンク各種とおつまみをご用意しておりますので、リラックスしてお楽しみください。
    お申し込みはコチラから:
    http://www.aandf.co.jp/news/event/news_event_ne_of_eden