2019.11.08
リリース

A&F BOOKSから『ひらく②』 が出版されます。

 

【A&F BOOKSから『ひらく②』 が出版されます。】

『ひらく②』本体2,200円+税
佐伯啓思監修
京都大学こころの未来研究センター
B5判変型 並製 304頁(カラー112頁) 2019年11月25日刊行
ISBN 978-4-909355-10-2 C0095

知識と感受性と想像力に関わる文化全般へ「ひらく」。
充実の第❷号、ついに刊行!「増ページ!価格据え置き」

現代文明や日本文化についての本質的な論議の場所を作り、混沌たる現代に対する思想的な座標を見出すために──。
できあがった冷めた知識の提供ではなく、むしろできつつある未成熟な知識の実験的な登場にも道をひらき、またまだ十分に執筆の場をもてない若い人たちの積極的な参加も歓迎しつつ、われわれの試行が、読者の皆さんとともに、今日の我が国の知的文化に対してささやかな寄与ができればと念じています。

内容 目次

巻頭言/佐伯啓思

表紙のミニチュア写真家/田中達也
—--

The Interview
吉田鋼太郎/シェイクスピアの深みと凄み、面白さ
米谷郁子/二重に見る
藤本夕衣/「シェイクスピアの俳句」の余韻

特別対談
養老孟司×佐藤 卓/虫は人間の大先輩
—--

特集❶日本人の自然観・死生観

特集❶対談
隈 研吾×佐伯啓思/建築はどこへ向かうのか

特集❶論考
竹内整一/「おのずから」と「みずから」の二重性
佐藤弘夫/死者たちの語らい
梨木香歩/「犯しがたさ」と「里山脳」
澤村修治/ひかりへの祈り
—--

特集❷ 科学技術を問う

特集❷対談
伊東俊太郎×広井良典/シゼニズムの提唱

特集❷論考
佐伯啓思/科学技術と現代文明の危機
森 一郎/核時代のテクノロジー論
藤本龍児/現代の魔術化
下村智典・金澤洋隆/洞窟への回帰

特集❷対談
池内了×佐伯啓思/科学の現在と行方を見つめて

特集❷論考
末木文美士/王権と儀礼
加藤文元/数学と日本人
長谷川三千子/道元を読む(二)
先崎彰容/本居宣長の世紀(二)
金澤洋隆/欲望の現代文明と忘却されし伝統
—--

特別鼎談
長塚圭史×森山未來×辻本知彦/ことばとからだ
—--

黒鉄ヒロシ/自著を描く ひらくか?とじるか?
古田 亮/橋本平八
ラッセル・カーク/幽霊のはなしアンクル・イザヤ 訳:澤村修治 絵:たなか鮎子
澤村修治/語り部としてのカーク
芦澤泰偉/本好きへの装幀噺 文字のみで装幀する力
寺下滝郎/海外思潮にみる現代世界
赤津孝夫/1個の石から始まった道具
木多本屋/書評 又吉直樹『人間』
著者紹介
編集後記


監修 佐伯啓思 さえき・けいし
1949年奈良県生まれ。東京大学経済学部卒業。滋賀大学、京都大学大学院教授などを歴任。現在京都大学名誉教授、京都大学こころの未来研究センター特任教授。著書に『隠された思考』(サントリー学芸賞)『「アメリカニズム」の終焉』(東畑記念賞)『現代日本のリベラリズム』(読売論壇賞)『倫理としてのナショナリズム』『日本の愛国心』『大転換』『現代文明論講義』『反・幸福論』『経済学の犯罪』『西田幾多郎』『さらば、民主主義』『経済成長主義への訣別』『「脱」戦後のすすめ』など。近著に『「保守」のゆくえ』(中公新書ラクレ)『死と生』(新潮新書)『異論のススメ 正論のススメ』(A&F出版)など。

「A&F BOOKS」のページはこちら

【A&F BOOKS ページ】
A&FコーポレートサイトにA&Fの出版物をご紹介するページを新たに新設致しました。各書籍のご紹介に加えて、メディア掲載情報や掲載していただいた書評等へのリンク、各書籍を試し読みしていただける機能もご用意しております。A&Fが独自のフィルターを通してお届けする、各書籍の魅力的な世界観の一端に是非、触れていただければと存じます。