2022.02.28
リリース

A&F BOOKSから『海を生きる民』 が出版されます。

【A&F BOOKSから『海を生きる民』 が出版されます。】

2022年3月22日刊行予定の新刊『海を生きる民』 が出版されます。


『海を生きる民』
ポリネシアの謎
著:クリスティーナ・トンプソン
訳:小川敏子
四六判上製 360頁(8頁カラー口絵) 定価2,970円(10%税込)
ISBN978-4-909355-30-0 C0039 ¥2700E

太平洋を制覇した
ポリネシア人の謎に迫る
めくるめく旅へと誘う傑作ノンフィクション

 

太平洋は広い。その広い太平洋のハワイ諸島とニュージ―ランド、イースター島を結んだ三角形の領域「ポリネシア・トライアングル」が、クリスティーナ・トンプソンによる本書『海を生きる民』の舞台である。三角形の一辺が約8000キロメートルにも及ぶ巨大な海域にもかかわらず、人種的にも言語的にも、均質な人々が暮らしている。歴史を記録した文書はなく、大昔からすべては口頭で語り継がれてきた。彼らはいつ、どこから、どうやって来たのだろうか?本書は、ポリネシア人の起源を解き明かす魅力溢れるポピュラー・ヒストリーの傑作である。

全米ベストセラー、オーストラリア首相賞に輝くポピュラー・ヒストリーの金字塔!!


【著者紹介】
クリスティーナ・トンプソン
ハーバードレビュー誌エディター。著書に『Come On Shore and We Will Kill and Eat You All:A New Zealand Story』がある。ヴォーグ、アメリカンスカラー、ベスト・オーストラリアン・エッセイズなどにエッセイ、評論を執筆。全米人文科学基金パブリックスカラー賞、全米芸術基金およびオーストラリア芸術評議会など数々の研究奨励金を授与されている。アメリカとオーストラリア両方の国籍を持つ。